アメリカではバター入りコーヒーが流行り始めているという。
コーヒー

「Bulletproof coffee(防弾コーヒー)」とも呼ばれているこのコーヒーは
シリコンバレーの起業家デイブ・アスプレイ氏が、チベットを旅行中
ヤクの乳のバターを入れた「チベット茶」に出会い、バターコーヒーを思いついたのだそう。

バターコーヒーはリッチでクリーミーな味わいだそうだが、
味よりもダイエットや脳を活性化、ホルモンバランスにもプラスの効果が注目されている。

特に朝のバターコーヒーがお勧めのようで、朝のバターコーヒーを実践している人達からは
「元気がでて、脳が活性化される」、「食欲が抑えられるためダイエットに効く」等の感想が得られたそう。

朝に適度の脂肪分を摂ることにより体と脳に丁度良いエネルギーがみなぎり、
健康的に一日摂取すべき脂肪分を取るためには効果的だとか。

ただ普通のコーヒーよりカロリーが高くなるため飲み過ぎは注意してほしい。



Facebookでシェア Twitterでシェア