無人探査機「キュリオシティ」が撮影した火星の写真に、何らかの生物の”抜け殻”のような物体が写りこんでいる。
発見したウェアリング氏の分析によると、この"抜け殻"は2~3mm程度の大きさで、過去にも同様のものが発見されている。
37 PM
写真はウェアリング氏のHPより

今回の写真はキュリオシティが2012年10月8日に撮影したものだが、なぜかNASA側に送信されたのが今月に入ってからだったという。

2012年にも確認されていた。


出典-excite

NASA 火星探査プロジェクトの特設ページ

Facebookでシェア Twitterでシェア