科学者トニー・トラヴァイロン氏が南極で撮影し、「凍った波」と名付けられた写真はまさしく波が一瞬で氷結したかのように見えるが、
これは氷が圧縮されて青く見える「ブルーアイス」といわれる自然現象。

普通の氷山が白く見えるのは氷山の氷がたくさんの空気を含んでいるから、空気はあらゆる光を反射するので白く見えています。

氷が圧縮されると中の空気が徐々に抜けていき、氷の結晶の水の分子は赤色を中心に吸収します、その結果青い光だけを反射することになります。

ところがチリなどの不純物が氷に入っていると、 その不純物が黄色などいろいろな色を反射するので、氷はブルーに見えません。
 ブルーアイスは、空気がきれいなところでできる氷なのだそうです。

article-2238603-1637865A000005DC-84_964x714

凍った波,ブルーアイス,

article-2238603-1637864C000005DC-378_470x600article-2238603-1637867B000005DC-793_470x600

article-2238603-1637866F000005DC-765_964x709

article-2238603-16378675000005DC-488_964x721

article-2238603-1637865E000005DC-779_964x686


引用元-dailymai
参考-Global edVenture

Facebookでシェア Twitterでシェア