北アイルランドの東北部、約8kmに渡り六角形の石柱群が連なる海岸線は
「ジャイアンツ・コーズウェイ」または「巨人の石道」と呼ばれる。
3143727186_f0d724f8aa_z
Chris Lofqvist

今から約50000万~6000万年前に起きた火山活動で
この一帯に流出した溶岩(
玄武岩)が冷えて固まり収縮した際に割れ目が生じて出来たもの。
石柱は4万にも及び最も高い柱は12mにもなる。


「巨人の石道」の伝説
アイルランドの巨人フィン・マックールがスコットランドの巨人ベナンドナーに戦いを挑みました。
戦いを挑むも海の向こうの相手のところに行けず、巨人を乗せるような船もありません。
そこでフィン・マックールが大きな石の柱で道を作って両岸をつなげました。

挑戦に応じベナンドナーは石の道を渡ってアイルランドにやって来ました。
フィン・マックールの妻ウナはベナンドナーのほうが大きくて強そうなのを見て、夫に赤ん坊の格好をさせました。
ベナンドナーはその赤ん坊の大きさを見て、父親のフィンはもっと大きいと考えスコットランドに逃げ帰りました。
その時、フィン・マックールが後を追って来ることができないように、走りながら石の道を崩してゆきましたとさ。


ちなみにこちらの画像は石の道のスコットランド側と言われるスタッファ島
132760556_f86eac2d37_z
Erik





8030627794_e3408bd10f_z
FABIO CASADEI

1472839548_355de58e42_z
Lena

13591383283_ebc56eb479_z
Santiago Atienza

3967037325_1fbf5bb433_z
Ty

4869129613_43ac9ca545_z
Sean MacEntee

4869098959_d3e50f2b0a_z
Sean MacEntee

199753973_6165b3c1f0_z
Alan Bruce


7907906404_017fb7b82e_z
Cord Cardinal

4427445338_7869405855_z

Facebookでシェア Twitterでシェア