デッドフレイ(Deadvlei)=死の沼地と呼ばれるこの場所は、ナミビアのナミブナウクルフト国立公園のほぼ真ん中にあり、
約1000年前に干からびた沼地には、ひび割れた地面と枯れ木が取り残されている。
sidebar_main_image
nationalgeographic.jp

デッドフレイの木が残っているのは、極度の乾燥地帯で木を分解する微生物がほとんどいないため、当時の姿のまま立ち枯れている。
Deadvlei-Namibia-6
Deadvlei-Namibia-
Deadvlei-Namibia-1
Deadvlei-Namibia-2
Deadvlei-Namibia-3
Deadvlei-Namibia-4
Deadvlei-Namibia-5
Deadvlei-Namibia-7
Deadvlei-Namibia-8
Deadvlei-Namibia-9
Deadvlei-Namibia-10
via Zack Travel

Facebookでシェア Twitterでシェア